トピックス
〇訃報(9/4)
 松本暁司氏(5回)が9月2日ご逝去されました。詳しくは新聞等で報道されていますのでご確認ください。
  通夜 9月7日(土)18:00
  告別式  8日(日)10:30
  会場 蓮昌寺(駒場スタジアム隣)

〇菅平合宿風景をアップしました。(7/24)

〇現役7月、8月の予定をアップしました。(6/29)

〇最近の現役活動報告をアップしました。(6/25)

〇総体支部予選代表決定戦の写真をアップしました。(5/5)

〇4月28日の現役活動報告をアップしました。(4/28)

〇5月までの現役予定をアップしました。 (4/22)

〇現役からの活動報告がありましたのでアップしました。(4/21)

〇現役からの活動報告がありましたのでアップしました。(4/10)

〇今年度総会の期日が6月9日(日)に確定しました。(3/21)

〇訃報です。
 高42回の中山誠司さんが事故で亡くなられました。
 芝川で子どもを助けようと川に入ったようです。(子どもは助かりました。)
 1月31日の朝刊(県内版)に掲載されているようですのでご確認ください。 
  https://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20190131/1100004604.html 
 ご冥福をお祈りします。    (1/31)



〇春の時期は、卒業、転勤等で転居をされる方が多いのか、会報の返送が増加します。現在1000名近い会員のうち170名程度住所が不明です。もし、転居された方をご存じでしたら住所変更の旨をお伝え下さい。なお、連絡は下記専用アドレスをご利用ください。
reiwasc1923@yahoo.co.jp




〇会長あいさつ 就任ごあいさつ1506 150630 150716 160101 160111


 
 

 
概  要

創   部 1923年(大日本蹴球協会に登録)

      1946年 麗和サッカークラブ 発足

会員数累計(19232015) 1015

現役会員数 推定855名(現在調査中)

目   的 会員相互の親睦と浦和高校サッカー部の援助

主な事業  通常総会(6月)

      会報発行(年3回)

      四校(浦和、浦和西、市立浦和、浦和南)会

      初蹴り会

事 務 局 さいたま市浦和区領家5-3-3、浦和高校内

                        mail reiwasc1923@yahoo.co.jp

会   則 麗和サッカークラブ 会則

役   員 役員(平成26年〜28年度)
      

 

 

現役活動報告

9月7日(土)県立浦和-市立浦和

浦和市民大会準決勝。先週浦和麗明に勝ち準決勝にまで駒を進めた浦和は、同じ北浦和にある市立浦和と対戦する。閃光の如く攻め、そして守る市立浦和に苦戦するが、浦和も何度もチャンスを作り果敢に攻める。
〜前半序盤〜市立浦和コーナーキックで、失点。0-1
〜前半中盤〜市立浦和にうまく崩され失点を許す。0-2
〜後半序盤〜浦和MFがうまく抜け出し、冷静にシュートを打ち得点。1-2
〜後半中盤〜サイドからのパスを受けキーパーと1対1になった市立浦和が、得点。1-3
〜後半終盤〜浦和のセットプレーからのカウンターで失点。1-4
      浦和DFのオーバーラップからサイドを崩し得点。2-4
      相手コーナーキックで失点。2-5

〇浦高Bvs浦和実業

 夏休みも終盤に差し掛かってきた頃、浦高Bには重要なリーグ戦2連戦が控えていた。現在の浦高Bのリーグ戦での順位は1位。2位との勝ち点の差を広げたい浦高。上位へ食い込みたい浦和実業。結果は如何に!?

 前半開始早々、浦高MFが前線から波のように押し寄せて、相手DFのミスを誘発。その隙を浦高は見逃さなかった。浦高MFが電光石火のスピードを見せ相手を置き去りに。キーパーとの11を冷静に押し込み得点。1-0

 後半も少したった頃、浦高は追加点を奪うべく、懸命に攻撃を繰り返していた。浦高FWがドリブル突破をし、センタリング!

浦高MFが豪快なミドルシュートを放ち、ゴール!2-0

 途中交代で入った浦高右MFが、監督の期待に応えるように相手DFをかわし、左足できっちり決め切り3-0

 今度もまた浦高ゴール。浦和DFのアーリークロスに素早く反応した浦和FWが相手GKを弄ぶかのようなシュート。4-0


〇高校選手権予選第1回戦
今、世間では甲子園の決勝が盛り上がっている。だが、ここ大宮工業高校ではサッカーの甲子園、そう高校サッカー選手権が始まろうとしていた。チームの目標県ベスト8に向けて浦高サッカー部の挑戦が始まろうとしている。
前半、浦高が試合のペースを握っていた。度重なるCKで浦高がカエルのような跳躍を見せ上尾ゴールに迫る。だが、得点は入らず。
後半も中盤に差し掛かってきた頃、偵察済みの上尾のスーパーサブが交代で投入された。皆の心に不安がよぎっていた。だが、浦高ベンチは動く様子を見せない。そして、試合はスコアレスドローのまま延長線へ。
延長前半、歓喜の瞬間は突然現れた。浦高左SBがウエイトの成果を見せつけるかのごとく、相手と体を激しくぶつけ合いながら、相手の間をすり抜けゴールへ左足を振り抜いた。それをクリアしようとした上尾DFの腹に当たり得点。1-0
延長後半、上尾が猛攻を仕掛けてきた。上尾高校の波状攻撃に対し、浦高DFが体を張り、無失点で終える。
試合を通じて守備を固め続けた上尾高校に対し、見事に勝ち切った浦高。このまま弾みをつけてこの後の強豪校に対しても勝ってほしい。

〇新潟遠征報告②
遥々新潟へとやって来た浦和高校サッカー部。今回の大会は、例年参加していないものである。全国からサッカーの強豪校が集結するが、浦和高校サッカー部は、自分達の力を発揮することかを出来るのか?!
 

vs.近江  0-3

浦和の選手は前半、主導権を握り、相手ゴールを狙うも、点は決まらず。炎天下の下、相手の選手は、前から激しいプレス。これに圧倒された浦和の選手はうまくボールを回すことができず苦戦。新潟の暑さと、全国レベルのサッカーを思い知った試合であった。

vs.仙台城南  2-0

昨日の疲れを感じさせない見事なサイド攻撃から2点を奪い、勝利を勝ち取った。この試合で浦和のエースが怪我で離脱してしまい、2日目にして、浦和高校は12人という苦しい状況になってしまう。

vs.東京学館新潟  0-1

ゲームを自分たちのものにしかけた浦和高校だったが、自分たちの課題である、セットプレーから1点を決められてしまう。チーム全員が逆転を目指し、サイドから息もつがせぬ猛攻を掛けるも、サイドバックのシュートはゴールポスト、バーに嫌われる。巧みなボールさばきで相手DF1人、2人と抜いてシュートを放つも入らず。決定力不足に泣いてしまう。

vs.千葉敬愛  3-3

夏から意識し始めた中間ポジションでボールを受けることをうまくすることができ、ゲームを支配するも、簡単には勝たせてくれない。3-2、後半ロスタイムで迎えたコーナーキック。ボールはキーパーの手の中へ。誰もが試合終了を確信したが、ラインズマンがゴールの合図、主審はゴールを認め、ここで長い笛。VARを要求したいものだ。

vs.東奥義塾  3-0

銭湯に行き、フレッシュな気持ちで迎えた戦い。サイドからの攻撃が光り、浦和高校は攻撃の手を緩めない。後半にはハイプレスから相手のミスを誘い、パスカット、これを冷静に流し込み、トドメを刺した。

vs.京都学園 1-0

灼熱の太陽の下、大量のゴムチップの上で行われた5位決定戦。相手の守備の硬さに攻めあぐねるも、後半歓喜の瞬間は訪れる。浦和高校の左サイドバックからの針の穴を通すようなパスで抜け出したFWがゴールネットに突き刺して先制。最後まで集中を切らさなかった浦和は後半ロスタイムの相手コーナーキックを頭で合わせられるも、GKが決死の横っ飛びでボールを弾き出す。浦和高校が勝利を勝ち取った。

12人という人数で、猛暑の中だったが、4日間タフに戦い抜く事が出来たことは今回の収穫であると監督は言う、選手権1次予選に向けて、より細かい部分の精度に拘り、目標である県大会ベスト4を達成出来るように、残りの期間を大事にしたい。さらに、この遠征で、負傷者が1人出てしまったことは残念だが、彼が戻ってくるまで、負けられないという思いが生まれ、より気持ちを引き締めないといけないと感じた。


〇新潟遠征の報告
vs真岡高校1-0、vs新潟東高校12-0、vs新潟工業高校5-0
vs賢明学園1-4、vs日本文理1-1、vs盛岡商業1-1
vs千葉敬愛0-2、vs北越高校4-0
1日目
まるで砂漠なのか?とも思われるようなグラウンドに現れた浦高サッカー部員は、懸命にピッチを駆け抜け見事二戦とも勝利を収めた。
帰りのバスも明るい雰囲気で、この新潟で最高のスタートを切った!
2日目
2日連続の試合で疲れがたまっているはずだったのだが、その疲れを物ともせずフィールド上で11人の息を合わせ5点の大量得点を挙げた。
逆に二試合目はここ二戦のように、前半はうまくリズムをつかむことができずよくない流れが続き、4点もの得点を許してしまったが、後半は自分たちのリズムで試合を進めチャンスを作り、見事に一点をもぎ取った。試合後選手たちは、負けたものの達成感に浸りいいムードで2日目を終えた。
3日目
この日は相手はどちらも強かったのだが、堅い守備で自陣に敵を誘い込み、鋭いカウンターで翻弄していた。試合に勝つことはできなかったが、旅館に帰るバス内では試合の反省をみんなで話し合い次戦に向けた修正を図っていた。
意見の飛び交う反省で短時間で濃い話し合いができた。

4日目
この日は昨日に引き続き人工芝のグラウンドで行われた。はじめの試合では苦戦を強いられるも二試合目ではAの選手たちも訪れ奮起したのか守備から始まりゴールまで常に引き締まっており勝利をあげた。
遠征最後にふさわしい試合で観客を魅了していた。
〇8月11日  県立浦和vs浦和麗明  3-0
模試やオープンキャンパスで止むを得ず戦線を離脱する者が多い中行われた今日の試合。強い日差し、いつもとは違うメンバー…無理難題が降り注ぐ。ちなみに相手は、最近共学になったばかりの元女子校。男子校である浦和高校の好敵手と言えるかもしれない。この勝負負けられない。
後半中盤、なかなか点が入らない苦しい状況を撃ち砕く1点が入る。左MFが味方からのクロスを胸トラップし、シュート。相手のゴールのサイドネットを揺らした。1-0
後半終盤、ペナルティエリア内での小競り合いを制しボールをゴールに突き刺した。2-0
2点目が決まった直後、この試合がリーグ戦初出場となるFWが相手のディフェンスを押さえつつキーパーの左脇下にボールを流し込んだ。3-0
〇飯能サマーカップ
前半1-1、後半1-1
浦和高校対福島東高校
前半0-0、後半1-1
浦和高校対与野高校
前半1-0、後半2-0
浦和高校対越谷南高校
前半1-1、後半0-0
浦和高校対聖望高校
前半2-0、後半2-0
七月も最終日。酷暑に見舞われたさいたまで、浦高Bと浦和実業との試合が始まった。
グラウンドは昨日の雨と猛烈な日差しによって、ガタガタ。戦いにくい状況の中で浦高は勝つことが出来るのか!?
前半は強すぎる日差しに両チームとも苦しめられていた。スコアが動かないまま、前半は終了した。
後半が始まっても、前半のようにどちらも暑さに苦しめられていた。
だが、ここで監督の鋭い采配が活きる。右MFを交代した。
その監督の采配に応えるかのように、右MFがサイドを崩した。
後に、相手監督が絶賛するほどの豪快なシュートを放ち、浦高先制1-0後半終了間際、勝利に向けて浦高の士気は高まっていた。
そんな中、裏に抜け出した浦和FWが相手のキーパーを翻弄するかのようなループシュートを決め、追加点2-0



菅平合宿2019.7.21〜25







〇7
15    U18 SS3

浦和高校BVS大宮光陵  3-1

 先日の激しい雨によりグラウンドは水浸し。まるで湿原かと思われたグラウンドに現れたのは浦高サッカー部。このグラウンド状況で勝ちきることができるのか。浦高サッカー部の真価が問われる試合であった。1-0

  試合開始早々左MFがパス交換から抜け出し、ウサインボルトのようなスピードを見せつけて敵を置き去り。冷静に流し込み先制。2-0

  左からペナルティエリアの前に流し込んだパスに反応した右MFが勢いよくシュートを放つ。しかしそのボールは滑り込んだ敵DFに阻まれる。誰もがため息をつき諦めかけていた。しかし彼は諦めていなかった。果敢にこぼれたボールに向かっていき、執念の1発。ボールはゴールへ吸い込まれる。3-0

  絶好調の浦高サッカー部。運までもが味方をする。左MFが中央からFWの前方へフライスルーパスそれが敵に当たりゴール。3-1

  嵐の如く襲いかかる相手のシュートを幾度となくはねかえす。しかし、混戦からのこぼれ玉を撃ち抜かれ惜しくも失点。


 


  足元がぬかるむグラウンドの中、見事勝利を収めた浦和高校B。このまま連勝を保っていきたい。

〇6月29日(土)3時キックオフ
U18 埼玉県南部支部2部リーグ
浦和高等学校vs大宮高等学校
○前半
浦和高校、9番吉田大空が体をはり、ポストプレーから22番FW、松本、8番FW、吉田大介が両サイドから攻めるも、決めきることができず。浦和高校は立て続けに攻めるが、スコアは動かず。
○後半
6番MF、中村が相手のカウンターを阻止し強烈なミドルシュートを放つ。それがゴールネットに突き刺さり、1-0。
このゴールにより、ペースをつかんだ浦和高校。
吉田大介のスルーパスから裏に抜け出した10番MF、小峯が胸トラップからGKとの一対一を冷静に流し込み、2-0。
ここで浦和高校ベンチが動き、前線の3枚を交代。
小峯からのスルーパスに抜け出した途中交代の11番FW、稲垣が速いクロスを上げ、途中交代の25番FW、門田が合わせて、3-0。
その後、稲垣が個人技での突破でのゴールで、4-0。
右サイドでのフリーキックを4番DF、中西がファーで豪快にヘッド、5-0。
途中交代23番FW、照内のドリブルからのクロスを稲垣が流し込み、再び大宮を突き放し、6-0。
このまま試合終了。
現在リーグ戦首位の大宮高校に勝利出来たことは、次戦に繋がる良い試合であった。

〇6月22日(土)9時半
浦和高校VS伊奈学園総合高校
2対3
○前半
前半開始からわずかな時間で浦和のDF2人が負傷交代し、その隙に1点失ってしまう。浦和は攻め続けるが伊奈学園のキーパーの好プレーによりなかなか点は決められない。
○後半
後半開始直後に浦和のDFの裏に蹴られたボールを相手に合わせられ再び失点してしまう。その後、途中出場した浦和のFW松本がクロスを合わせて1点取り返すも、伊奈学園に追加点を許してしまう。後半終了間際、浦和のFW松本がシュートのこぼれを詰めて点を奪うがここで試合終了。
チームとして意識しているクロスの精度と入り方を、より高める必要があると感じた試合となった。

〇6月22日練習試合VS浦和北(40×2)
前半6分フォワードがゴール
9分  左ハーフがシュート
コーナーからピンチになるが、センターバックがクリア
22分 ピンチも相手のシュートほ外れる。
24分相手クロスからピンチになるがゴールを外れる。
27分 チャンスもパスミスで得点ならず。
35分 ボランチがミドルシュート
後半 6分 センターバックがブロックしたがこぼれだまを決められる
11分 相手ディフェンスのミスを右ハーフがゴール
15分 また右ハーフがゴール
20分 相手クロスからピンチを招くもキーパーがセーブ 
3ー1で試合終了

〇6月16日 日曜日
浦和vs大宮光陵 2-0
○前半
1分、 浦和中盤でボールを奪いカウンター     惜しくもシュートを外す。積極的な攻撃を前半の立ち上がりから繰り広げた。
31分、FWがCBからのパスに抜け出し、キーパーと1対1を冷静に決め先制。
○後半
5分、浦和 コーナーキックを頭で合わせ追加点。
浦和VS大宮光陵  2ー0( 前半1ー0,後半1ー0)

〇6月2日日曜日
浦和B vs大宮北 4-0
全体の好評
リーグ戦第1節2節は勝ちきることができなかったが、前回の勝利に引き続き2連勝。リーグ最大の敵、大宮北高校相手への大勝はリーグ昇格への大きな弾みになるだろう。
前半
大宮北が強いという不安を抱えていた。だが、前半開始早々、それを払拭するかのごとく、浦和右MFがサイドを崩し、中央に待ち構えていた左MFが得点。
浦和ペースで試合が進む中、なかなか追加点は入らずにいた。皆が焦りを感じる中、歓喜の瞬間は突然訪れた。浦和右MFが強烈な左足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。
浦和FWがボールを自分の体の一部のように操り相手DF、GKを抜き去り得点。3ー0
裏に抜けたFWがシュートを放つも、相手GKがそれをはじいた。それ別のFWが冷静に押し込んで得点。

〇5月12日
高円宮杯 JFA U-18 サッカーリーグ 2019 埼玉
12時キックオフ
VS浦和麗明
リーグ戦2連敗中の中始まったこの試合。何としても勝たないといけない緊張の中、試合開始のホイッスルが鳴り響く。
○前半
2分、最初のシュートは浦和高校だった。左からボールを受け、中に切り込みゴールを狙うが、惜しくもゴールポストをかすめ、ゴールキック。
8分、麗明の5ー4ー1の堅い守りの中浦和高校サイドバックからディフェンスとキーパーの間へボールが上がる。それをトップ下が合わせに行くがあえなく失敗。
14分、浦和高校右サイドハーフが敵のクリアをカットし左足を振り抜く。ボールは美しい弧を描きながらゴール左隅へ進んでいく。ベンチメンバーもガッツポーズをつくり、ゴールを確信したがゴールポストに阻まれる。
20分、浦和高校には今までチャンスはたくさんあったがなかなか決めきることが出来ず攻めあぐねていた。しかしコーナーキック。キッカーのあげたゴールへと向かう巻いたボールを高身長のCBが合わせゴール。は
前半終了、終始浦和高校のペースで試合が進み、危なげなく前半を終えた。後半もこのペースのまま勝利を勝ち取ってほしい。
○後半
11分、後半に入りなかなかチャンスが作れずにいた浦和高校。しかし、2度目の歓喜は突然おとづれた。右サイドから上がったクロスがそのまま逆サイドのポストにあたる。はねかえったボールは浦和高校のFWヘ返ってくる。そしてそのボールをヘディングで押し込みゴール!
31分、相手が後ろの中央で持っていたボールを浦和高校のFWは見逃さなかった。前から前から一気に取りに行きボールを奪うと右サイドへ展開、そしてペナルティエリアに入り一人を抜きにかかる。相手はやむ終えず足をかける。ピッー ファールだ。
そのPKを落ち着いて右上の隅に打ち込み3点目。勝利を決定づけた。
最後まで攻撃の手を緩めなかった浦和高校が左サイドから再び得点を奪おうとしたところで長い笛がグラウンドに鳴り響いた。
浦和3ー0麗明
このリーグ戦初勝利は今までの悪い流れを断ち切る、スコア以上に価値のある勝利となった。


〇512 vs伊奈学園B    SS2リーグ 2

 この試合に勝利してリーグ昇格に向けて良い流れを作るためにも大事な一戦。気持ちの良い晴天の中、激しい攻防戦の幕が上がる。

立ち上がりは両者一歩も譲らない展開。 低い位置でボールを繋ぎ、時間が経つにつれて浦和がリズムをつかんでいた矢先に、伊奈のCKから質の良いボールが上がり中で上手く合わせられて得点を許してしまう。しかし浦和も吉田大介が右サイドを駆け上がり幾度となくチャンスを演出する。そんな中前半アディショナルタイムにクロスにFW吉田大空が上手く合わせて得点しスコアレスで前半を折り返す。

後半も前半終了時の勢いのまま前からプレスをかけて攻め続ける。稲垣が左サイドを抜け出してコーナーキックを獲得するも得点には繋がらず。そして後半開始5分不用意なFKを与えてしまい、FKのこぼれ球を詰められて失点し、再び一点を追う展開に。後半終了間際浦和は猛攻を仕掛けるも得点することはできず試合終了。

結果は12。反省点を修正して次節は何としても勝利したい。



〇総体地区予選代表決定戦
5月5日   総体支部予選二回戦
VS上尾南高校  1-0
この試合に勝てば総体県予選に出場することが出来るという負けられない大事な一戦。浦和高校サッカー部には是非とも勝利を収め、総体県予選への出場を決めて欲しい。
両チームの応援席から声援が飛び交う中、雲ひとつない青空に試合開始を合図するホイッスルが鳴り響く。
〇前半
浦和
試合開始早々に気迫のプレーでコーナーキックを獲得。良いボールが上がるも先制点とはならず。
サイドバックからのロングフィードをフォワードが受け取りチャンスかと思われたが、オフサイドの判定。
上尾南
ボールを奪いカウンターを見せるも、シュートはゴールを大きく外れる。
浦和
右サイドを駆け上がり、相手ディフェンス3人を置き去りにし、グランダークロスをあげるも相手ディフェンスにカットされる。
前日に降った雨のせいで荒れたグラウンドに選手たちは苦しめられているようだ。後半は是非ともゴールネットを揺らしてほしい。
⚪︎後半
浦和
後半開始からリズムを作り、右サイドからシュートまで持ち込むもシュートは枠外へ。
左ウイングからボールを受けたボランチの選手が地を這うようなミドルシュートを放つもわずかにポストの左へ。
左サイドでボールを受けたウイングの選手がドリブルでカットインし、右足で豪快なシュートを打ち込むも惜しくもバーの上へと外れる。
FKのセンタリングのこぼれ球を執念で押し込み、待望の先制点!
上尾南
ハーフラインあたりからのFKをゴール前に放り込み、ヘディングシュートもキーパーがキャッチ。

0-0の均衡状態が長く続く中、最後まで気を緩めずに執念の1点をもぎ取り、勝利を収めた浦和高校。
6月に行われる総体県予選でも勝利を収めることを期待したい。


〇5月3日総体支部予選初戦
vs浦和工業高校 5-0

前半
浦和7番が左サイドを突破しマイナスのクロスを9番が合わせてゴール
浦和裏に抜け出した8番の折り返しを9番が合わせてゴール
浦和2番が左サイドをドリブルで駆け上がりシュートもサイドネット
浦和工業右サイドのスローインから混戦を抜け出しシュート
前半終了2-0
後半
浦和左サイドのスローインから抜け出しシュートを打つがキーパーがセーブ
浦和サイドチェンジから揺さぶり中央でボールを受けた11番がシュートもクロスバーの上
浦和工業自陣で奪ったあとのカウンターからチャンスを作るもシュートまでは行けず
浦和コーナーから9番が中で合わせて追加点
浦和コーナーのこぼれ球を中に放り込み19番のバックヘッドが、クロスバーに当たった所を20番がつめて追加点
浦和フリーキックをファーで5番が合わせるもシュートは枠の外
浦和コーナーキックから4番がヘンディンクで合わせてゴール


〇4月29日TM 10時キックオフ VS所沢 0-1
試合開始
・所沢、サイドを突破し、折り返しをダイレクトで打つも、浦和DF体をはってブロック。
・所沢、コーナーのこぼれ球に反応しミドルシュートするも、上に外れる。
・浦和、サイドチェンジからサイドを突破し、シュートまでいくがキーパーにセーブされる。
・浦和、バックパスがキーパーと噛み合わずオウンゴール 所沢先制 0-1
・浦和、コーナーのこぼれ球をうまく合わせるも上に外れる。
・浦和、ワンタッチでうまく崩し、最後はフリーでシュートするもミートせず外れる。
後半開始
・浦和、再度の裏をとり、決定機を作るも、キーパーがナイスセーブ。
・所沢、ダイレクトプレーでサイドを攻略し、シュートまでもっていくも、枠外。
・所沢、サイドの裏をつき、キーパーと一対一になるもキーパーがセーブ。
・浦和、左サイドバックがサイドを縦に突破し、中に切り込んでミドルを打つ、 クロスバー直撃。
・浦和、ミドルシュートのこぼれ球に反応するもキックミス、上に外れる。
試合終了 浦和-所沢 0-1

〇4月28日 vs.浦和北高校 3対1 勝ち

前半2  浦和  

FWが裏に抜け出し、キーパーと11になるも得点ならず。

前半16 浦和

 左からドリブルで突破しクロスを上げ、中でこぼれたボールを上手く押し込み先制。10

前半20 浦和

FWが後ろ向きでボールを受け少しキープをし反転してファーサイドに流し込み20

後半8 浦和

浦北のDFからボールを奪いカウンターを仕掛け、右サイドのスピードに乗ったドリブルから切り返し、落ち着いて振り抜き追加点、30

後半23 浦和北

PKを流し込んで得点。31 。

試合終了。


〇4月28日 @大宮東高校
浦和vs大宮東 1ー0  勝利
前半17分  得点者 飯村
相手の緩い横パスをカット そのままドリブルで持ち込みゴール
(全体を通して)
グラウンドが悪く、パスが繋がらない状況が長く続いた。
そのため落としたボールを簡単に裏やサイドへはたき、
高い位置でプレーし、勝利に繋がったと思う。
【課題】
守備のとき、ワンテンポ遅れてしまい、相手に自由な時間を与えてしまっていた。
また、サイドの裏へパスを通されたときの対応が悪かった。
さらにマイボールのスローイン時の連携が悪くとられてしまうことが多かった。

〇4月21日 10時キックオフ

浦和5vs3山村国際

浦和、コーナーキックを頭で合わせ得点。前半1分、1-0

山村国際、遠目の位置からのFKが直接入り得点。前半15分、1-1

浦和、山村国際のクリアをLSBが拾い、ロングシュートそのまま得点。前半20分、2-1

浦和、高い位置でボールを拾いドリブル、フリーになったサイドに展開、落ち着いて流し込み得点。前半22分、3-1

浦和、FWがハーフライン辺りからドリブル開始、キーパーと1対1まで持ち込み落ち着いて流し込んで得点。前半30分、4-1

山村国際、クロスボールにを合わせて得点。後半2分、4-2

山村国際、浦和のキーパーへのバックパスを奪い得点。後半10分、4-3

浦和、高い位置でボールを奪いショートカウンターで得点。後半38分、5-3

浦和-山村国際 5-3試合終了

〇421  浦和-朝霞西  5-0  勝ち

全体的に浦高ペースで試合が進んでいたが、自陣ゴール前での危ないミスやパスミスが何度か見られた。少ないタッチ数でのパス回しで、素早い展開が多く見られたので良かった。

前半3  相手のパスをMFがカットしFWにパス。FWがシュート、得点。  1-0

前半18  左からのクロスのこぼれをファーサイドで受け、ペナルティーエリア外からゴール左上隅にシュート、得点。  2-0

後半25  ペナルティーエリア外からミドルシュート、得点。3-0

後半27  ペナルティーエリアの右端からのフリーキックで、相手の意表を突き、グランダーパス。そのまま押し込んで得点。  4-0

後半35  FWがスルーパスを受けシュート、得点。  5-0


4月13日、浦和-本庄東 2-4負け

浦和-本庄東

浦和のパスミスを本庄東がカット、中央を突破しキーパーと1対1、シュートを打つもポストに当たり無得点

本庄東、セカンドボールを拾いサイドに展開、クロスボールに頭で合わせ得点。前半20分、0-1

浦和、コーナの跳ね返りをキッカーがそのままシュート、ニアを突き破り得点。前半30分、1-1

本庄東、ロングスローのこぼれ球を弾丸シュート、クロスバーに当たった跳ね返りをヘディングで詰め得点。後半10分、1-2

浦和、ロングキックを頭で繋ぎ裏に抜け出した選手がシュート、得点。後半20分、2-2

本庄東、ロングキックを拾いそのまま突破してキーパーと1対1、キーパーを抜くも後ろから来たDFが倒しPK、キーパーが弾くも得点。後半30分、2-3

本庄東、浦和が前がかりなった所をつき得点。後半アディショナルタイム、2-4

浦和-本庄東 2-4試合終了


〇Uー18埼玉県南部支部二部リーグの現役活動報告を書かせていただきます。(4/8)

4月7日 vs栄北高校5-1勝ち

前半開始直後から、浦高ペースが続くもなかなか点を奪えない。前半終盤に浦高のCFが個人技で先制点をあげ、1ー0でリードして前半を終える。後半更に2点を追加し点差を広げる。その後、浦高のDFのミスで失点してしまうが、攻撃の手を緩めず、2点を取り試合を終えた。
リーグ戦初戦で、得点シーンを多く作れたのはよかったと思う。チームとして意識している組織的な守備も継続し、今後も大事な試合が続くため、結果に拘っていきたい。


〇前日から行っているこの静岡遠征から現役活動報告を書かせていただきます。

3月24日 コパナショナル 1日目 (時之栖)

1試合目 vs磐田北高校 2ー1 勝ち
開始直後、互いにカウンターからチャンスを作るも、キーパーの好セーブより得点は入らない。その後、相手のカウンターによるピンチはあるも次第に浦高ペースになり、前半終盤に先制点をあげ、リードして前半をおえる。後半ロングシュートが決まり、リードを広げる。その後もチャンスを多く作るが、終了間際に一点決められてしまった。
終了間際に決められたことは課題だが、練習した攻撃面でチャンスを多く作れたことは収穫だった。

2試合目 vs 鈴鹿高校 4ー1 勝ち
前半、相手にボールを奪われ、失点してしまう。しかし、次第に相手のパス回しに対応し、2点きめてリードして前半を終える。後半、相手の疲労もあり更に追加点を加えた。
先制点を取られてしまったが、得点を多く取れたことは良かった。
 

行事報告(その他)

2019年6月9日(日)
総会


2019年3月17日(日)
3年生送別会およびOBかい入会式が行われ、
71回31名が麗和サッカークラブに入会しました。



2019年2月17日(日)
若手4校交流戦が開催されました。
結果:1位浦高  2位  西高  3位  市高
4位  南高 (vs南高 1-0○   vs西高0-1●  vs市高 3-0 ○   2勝1敗で優勝)


2019年1月6日(日)
初蹴り会


2018年10月21日
浦和4校会(浦和市立高校)


2018年10月21日
浦和高校OB/湘南高校OB/仙台一高OB交流戦(江戸川陸上競技場)
 

麗和サッカークラブ総会

平成29年度総会 6月4日(日)

 

FCれいわ

2019年3月19日
本年度は埼玉市民リーグ二部に参戦しております。

本年度もご支援のほど宜しくお願い致します。
第一節
vs尾間木SC@三浦G
2-1勝利
第二節
vs朝鮮蹴球団@荒川総合G
4-0勝利(得点者:松浦×3、鈴木)
<スタメン>
GK岩下 RSB小田 CB本田 CB西
LSB山下 MF門井 MF出浦 MF篠原
RWG佐藤 LWG鈴木 CF松浦

開幕から二連勝となりました。次節は4/14㈰vsTFFC@三浦Gとなります。



7月22日(日)に行われた第6節の結果をご報告します。

vs三菱ふそうFC @東浦和G 12:00kickoff
4-0 (0-0、4-0)
得点者
 永井×2、神宮、岡本
スタメン
松浦、高坂、西、岩下、本田、中山
神宮、公平、永井、岡本、鈴木
酷暑の中の試合でしたが、勝ちきることが出来ました。
次節は最終節 8月26日(日)vsFCA となります。

引き続き応援のほど宜しくお願い致します。

6月24日㈰ 市民リーグ第3節

vsヨントスコア @三浦G 12:00キックオフ
7-0 勝利
得点者 松浦2、永井2、岡本2、吉羽
<スタメン>
GK鈴木、RSB高坂、CB本田、CB西、LSB吉羽
MF岡本、MF中山、MF神宮、RWG篠原
LWG永井、CF松浦
次節は7/22になります。



5月20日(日)
vsFC大谷口 @荒川総合G 1
5:00キックオフ


10-0 (3-0,7-0)
得点者
松浦4、永井2、阿部2
吉羽、鈴木
<スタメン>
GK山下 RSB阿部 CB本田 CB岩下
LSB吉羽 MF西 MF中山(→高柳)
MF神宮 RWG鈴木 LWG永井(→篠原)
CF松浦
次節は6/24になります。




第三節の結果をご報告します。

4月30日(月)
vsフェニックス朋友 @駒場サブグランド
10-0 (6-0、4-0)

得点者
松浦×4 永井×2 篠原×2 高柳 鈴木

スタメン
吉田 高坂(→吉羽) 岩下(→西)
山下 本田 神宮(→高柳)
公平 出浦 鈴木 永井 松浦(→篠原)




昨日4月1日にリーグ戦二節が終了しましたのでご報告致します。
vsONM@荒川総合グランド
5-0(1-0、4-0)
得点永井、高柳、鈴木、松浦、出浦
スタメン
岩下 髙坂 西 本田 山下 高柳
山﨑 鈴木 永井 吉田 松浦
交代髙坂→神宮、高柳→出浦、山﨑→中山

次節は4月30日(月祝)@駒場サブグランドになります。
出浦敬之





年3月18日㈰に浦和支部3部リーグが開幕し、
第1節を戦いましたので、ご報告させていただきます。

試合結果
VS UJ.ボルケリーノ
(15:00Kick off @三浦グランド)
4-1(佐藤匠3,高柳臣克1)
(前2-0,後2-1)
スターティングメンバー
1金子 3本田 19岩下 13山下 27髙坂 4神宮 16山嵜
24公平 2鈴木 9佐藤 15篠原
交代
13山下→8高柳,19岩下→17阿部
本年度は、支部三部リーグでの挑戦になります。毎試合勝利し、昇格を目指します。
次戦は再来週4/1(日)となります。応援のほど宜しくお願いいたします。
出浦敬之
        



 

4校若手交流会

2018年2月18日(日)
若手OB戦無事終了しました。

浦高11名集合してチーム力は、ナンバーワンでした。
西高主力となるOBが他の試合で来られず、一人も集まらず。
南高も5名しか集まらななかったので市立との合同チームで戦いました。
市立は、30名近く集まりました。




2月11日土曜日無事に若手4校OB交流会が実施されました。

浦高 参加者は、12名と1チームギリギリでしたが若いメンバーが集まり頑張っていました。
成績は、1位南高  2位市高  3位浦高  4位西高   でした。
田口智雄
 

お客様(2015.6〜)

お客様23650

総 会

令和元年度
本日無事日程を終了することができました。
ありがとうござました。

総会報告16.

総会報告15
総会資料① 総会資料②
会費納入状況14
 

現 役

〇U18
 7月7日(日)vs蕨10:00@蕨
 7月15日(月)vs川口青陵10:00@川口青陵

 8月31日(土)vs栄北10:00@浦高
〇U18ss3
 7月15日(月)vs大宮光陵12:00@浦和実業 
 8月11日(日)vs浦和麗明12:00@大宮開成
 8月29日(木)vs浦和実業10:00@浦和実業
 8月31日(土)vs大宮武蔵野12:00@浦和実業  
〇夏期合宿
 7月21日(日)〜25日(木)
 菅平高原
〇飯能カップ
 8月2日(金)〜5日(月)
〇新潟フェスティバル
 8月8日(木)〜11日(日)
〇選手権1次予選
 ①8月17日(土)
 ②8月18日(日)
 ③8月22日(木)
 代表決定8月25日(日)
 
 

4校若手交流会

日時:平成31年2月17日(日)
       9:00〜12:00
会場:浦和南高校人工芝グランド

結果:1位浦高  2位  西高  3位  市高
4位  南高 (vs南高 1-0○   vs西高0-1●  vs市高 3-0 ○   2勝1敗で優勝)

ご声援ありがとうございました。

 

初蹴り会

少し風が冷たく感じる中、多くの方の参加を得て実施しました。
ありがとうございました。

 毎年恒例の「新年初蹴り会」を以下の要領で開催します。
新年を祝い、汗と涙(?)の染み込んだ浦高グランドに集まり、OB・現役一緒に

楽しくサッカーをやりましょう。新年会のみのご参加も大歓迎です。

                    

1.期日 平成31年1月6日(日)
2.日程  
  9:45 集合

 10:00 FCれいわ  vs  現役

 12:00 ベテランOB紅白戦

       若手OB vs 現役

 13:30 新年会 麗和会館2F会議室
 ※新年会は、試合と並行して行います。試合の合間にいつでもご参加ください!
 ※ベテランOB紅白戦については、一女OG参加の可能性があります。
3雨天時   FCれいわ vs 現役

      その後、新年会
4会費   社会人のみ  ¥1,000

 

4校会

浦和4校OB交流戦
平成30年10月21
  8:00~集合・受付・着替え

   8:20~開会行事&準備
   9:00~13:30  交流試合
14:00~16:00  懇親会&閉会行事

浦和4校OB戦実施要項.pdf

 

FCレイワ

2017年度登録名簿

2017年度
さいたま市民浦和サッカーリーグ
FCれいわ日程

3月12日(日)13:30vs浦和USC 三浦G
4月23日(日)15:00vs岸町クラブ 荒川サブ南
5月7日(日)13:00vs浦和キッカーズ 三浦G
5月21日(日)9:00vsFC田島 荒川サブ南
6月25日(日)10:30vsデール埼玉 三浦G
7月2日(日)15:00vsUWFCnext 駒場サブ
7月30日(日)12:00浦和西クラブ 三浦G
8月20日(日)13:30FC時雨 三浦G
9月3日(日)10:30大原リカーズ 三浦G

 

会費の納入について

会費
 社会人 5,000 円 
 学生(浪人生含む)2,000 円
 ☆多い分には大歓迎

郵便振込
 会報同封の振込用紙を利用。
 ☆振込手数料当会負担

銀行振込
 埼玉りそな銀行 
 さいたま新都心支店

 普通0273349 
 麗和サッカークラブ
 (レイワサッカークラブ)

 ☆振込手数料各自負担


必ず卒業回あるいは卒業年度を振込人前に記載してください。

 (例)31回 田口智雄

30年度会費納入一覧8月.pdf

 

人、ひと

1923年の創部からまもなく100年を迎えます。
その間、お世話になった方やサッカー界で活躍された方、
現在活躍されている方を紹介します。

 (初代顧問)安田潤三郎先生 
   吉田一路先生
 紅露五郎先生 
   阿部鵬二先生 藤井武夫先生 
 高師 康先輩 阿部大三郎先生 
    松井 潔先生 田中 一先生  
    宮川 博先生 福原黎三先生 
 轡田三男氏 倉持守三郎先生 
    柴田宗宏先生 藤井泰光先生

(浦和中学・浦和高校サッカー部史「麗和」より)
 

会  報

令和元年  54号
平成30年  51号 52号 53号
平成29年  48号 49号 50号
平成28年  45号 46号 47
平成27年  42号 43号 44
平成26年  39 40号 41号
平成25年  36号 37号 38号
平成24年  33号 34号 35号
平成23年  30号 31号 32号
平成22年  27号 28号 29号
平成21年  24号 25号 26号
平成20年  20号 21号 22号 23号
平成19年  17号 18号 19号
平成18年  14号 15号 16号
平成17年  10号 12号 13号