麗和知的財産委員会

麗和知的財産委員会、始動!

 23年度の会報「麗和」第54号でもお知らせした同委員会が始動した。
①浦中・浦高の歴史的財産の収集・整理・データベース化
②卒業生及び在校生の知的財産等の収集・整理・データベース化などを目指し、2ケ月に1回のペースで、会議を進めて行く。
今後、活動状況を逐次PRし、会員各位にも、資料の提供などの協力を依頼しますので、宜しくご協力の程お願いします。

 

母校百年誌「銀杏樹」礎編 雄飛編 をオープンいたします。


 
 下のキャビネットから閲覧やダウンロードができます。DL後にファイル内を検索できます。
                                    
検索の方法
 百年誌「銀杏樹」礎編、雄飛編の主な内容は以下の通りです。                       

礎編 1. 挨拶、祝辞

   2. 浦高の横顔 ―領家校舎とその周辺―

     3. 写真構成 百年の歩み 明治281895→平成71995

        空から/鹿島台校舎/領家へ/領家校舎/浦中・浦高の日々/生徒の肖像/授業

        風景/伝統行事/部活動/教師と生徒/軍事教練

      4. 浦中・浦高百年 開校から昭和22/浦中から浦高へ/昭和23年から平成7

    5. 資料編Ⅰ    6. 資料編Ⅱ

雄飛編1.  浦高はいま (入学式/湘南戦/体育祭/臨海学校/浦高祭・競歩大会/授業風景)

    2.  浦中・浦高百話 (明治・大正時代 戦前の昭和時代 戦後・昭和20年以降 平成)

    3.  麗和画廊   (洋画 日本画 彫刻 工芸 特別参加)

    4.  百花繚乱   (スポーツ 美術 音楽 文学 政治 経済界 学術 医学 歯学 薬学 法曹界
  中央・地方官庁  教育 マスコミ 異彩逸材)

    5.  熱き想い 

 

キャビネット

 フォルダ
名前
 

「麗和文庫」の拡充に、OBの皆様の協力を!

  明治29年(1896)10月鹿島台で開校式・入学式を迎え、明治32年(1899)に第1回の卒業生を出して以来117年。卒業生は中学・高校時代を併せると延べ約3万2000人となる。今春卒業した最年少の後輩は浦和高校の第65期生である。OBでは現役を退いた人も多い反面、各界で頂点を極め、今も活躍している先輩後輩も多い。

  昨年、校内の図書館に設けた「麗和文庫」の主旨はOBから寄贈された著作物を収集し、目録をつくりその一部を多くの人の閲覧に供すること。収集対象はすべてのOBの手になる著作物だが、展示スペースには限りがあるので毎年、適宜選択して公開している。

 

 

 

「百花繚乱」に卒業生の情報をお寄せください!

  浦高百年誌『銀杏樹』雄飛編の中に「百花繚乱」という活躍する同窓生(人材)を紹介している項目がある。卒業生の中には、人間国宝や宇宙飛行士など様々な分野で活躍している方々が多勢いる。それらの中から特筆すべき人々を紹介したのがこの「百花繚乱」である。「百花繚乱」は120ページにわたり、16の分野に大分類されさらに細かく小分類されている。しかしながら、「百花繚乱」に掲載されている先輩の情報は百周年時点のものであり、紙面の都合で掲載できない方や調査の行き届かなかった方も数多くいた。さらに、百周年以降に素晴らしい実績をあげている卒業生も数多く登場している。

  そこで、麗和知的財産委員会ではこの「百花繚乱」を補完するために新たに調査を始めることにした。つきましては、より多くの同窓生の皆様からの情報提供をいただき、ご協力をお願い申し上げます。

 

麗和文庫 開設


浦高図書館に本校卒業生の著作物を集めた「麗和文庫」のコーナーが10月に開設されました。