現在公開されているキャビネットはありません。

 

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクト

校長挨拶


埼玉県立浦和高等学校第 31 代校長 水石 明彦

校庭の硬い⼟では、転倒の際の擦り傷・切り傷はおろか、脳震とう・⾻折・脱⾅の⼼配が常に付きまといます。⽣徒達には怪我の⼼配なく全⼒でスポーツを楽しんで欲しいものです。 ⼈⼯芝は、怪我防⽌のほか、近隣への砂塵被害の防⽌など、数々のメリットがあります。 現在、地域のサッカー少年たちに校庭を開放していますが、彼らにもより安全で楽しい環境を提供することができます。今以上に⼦供たちや⼤⼈の皆さんに集まっていただき、地域スポーツの拠点として浦和⾼校が貢献できれば⼤変すばらしいことです。 ぜひ、埼⽟県⽴⾼校初の⼈⼯芝グラウンドの実現に皆様のお⼒をお貸しください。

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクトの趣旨

2019年、浦和高校がグラウンドの人工芝化による部活動活性化プランを作成し、埼玉県教育環境整備基金に申請をされました。

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクトは、この主旨に賛同し、プランの実現を応援するために、卒業生有志が任意に立ち上げた組織です。

学校と話し合いを重ね、また、同窓会にも相談をしながら、活動を展開しています。

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクトを発足し、以下のことに取組みます。

 (1)整備のための財源確保のための支援

 (2)プロジェクトの主旨、効果に関する啓発

 (3)浦高スポーツ環境等整備プランの作成

 プロジェクト連絡先: urako.bukatsu.ouen@gmail.com
     


浦高グラウンドの人工芝化は、全額皆様の寄附での実現を目指しています。
寄付方法等についてはこちらをご覧ください。

ふるさと納税と控除の説明

詳細資料
浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクトの趣旨.pdf

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクト組織について.pdf


関連サイト
浦和高校ホームページ

facebook   浦和高校スポーツ環境等改善応援プロジェクト

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクト ホームページ

 

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクト

人工芝化に向けて >> 記事詳細

2021/11/15

幹事活動報告(R3.11.14)

Tweet ThisSend to Facebook | by:onozaki
幹事活動報告(R3.11.14)

1 近在住民・商店へのあいさつ回り、ヒアリング。(チラシ、ラグビー部記念マフラー等を持参) 引き続き来週も行う予定。
  ヒアリング結果
・洗濯物が外に出せない
・風のある日は、玄関を1日3回掃除する
・最近は雨が降ると泥水の流出がすごい
・体育館横の走路の砂塵 学校側でネットフェンスに板をつけてくれたこと
で多少、改善されたが、以前のブロック塀の時のほうがよかった(ブロック塀は
危険だということで撤去になった。)
・車を置いておくと真っ白になる。
・玄関の鍵??の取り替え頻度が多い。(鍵穴に砂が入る。)

皆さん何十年も文句も言わず、砂埃等に耐えている実態を改めて実感しました。
そして、それにもかかわらず、文化祭を楽しみに、体育祭などは応援をしに行くという温かいお言葉もありました。人工芝化への取り組みを知らない人もいましたが、早期の実現を期待されてました。

2 同窓会学年幹事・部活・地域・職域幹事に送付するお願い文書の作成。
3 会則の確認作業
4 現役生徒・PTAへの意向調査を検討。
 

17:21 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)

キャビネット

 フォルダ
名前
作成日