現在公開されているキャビネットはありません。

 

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクト

校長挨拶

埼玉県立浦和高等学校第33代校長 臼倉 克典

本校では昌文尚武(文武両道の意味)を校訓として、生徒が自主性を持って体育の授業や部活動に励んでいます。グラウンドで行う種目では激しい接触プレイとなることも多く、常に怪我の心配がつきまといますが、人工芝化されれば、怪我の防止のみならず、近隣の皆様へのご迷惑となる砂塵の防止にもなります。また、本校では放課後に地域のスポーツクラブにグラウンドを開放し、子供たちにもスポーツを楽しんでいただいています。人工芝化により、多くの皆様にとってより安全で楽しいスポーツ環境となります。この人工芝化実現のための埼玉県教育環境整備基金では「ふるさと納税制度」を利用していただくことが可能です。県立高校で初めてとなる人工芝グラウンドの実現に皆様のご支援をお待ち申し上げております。

プロジェクト詳細はこちらをご覧ください。


浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクトの趣旨

2019年、浦和高校がグラウンドの人工芝化による部活動活性化プランを作成し、埼玉県教育環境整備基金に申請をされました。

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクトは、この主旨に賛同し、プランの実現を応援するために、卒業生有志が任意に立ち上げた組織です。

学校と話し合いを重ね、また、同窓会にも相談をしながら、活動を展開しています。

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクトを発足し、以下のことに取組みます。

 (1)整備のための財源確保のための支援

 (2)プロジェクトの主旨、効果に関する啓発

 (3)浦高スポーツ環境等整備プランの作成

 プロジェクト連絡先: urako.bukatsu.ouen@gmail.com
     


浦高グラウンドの人工芝化は、全額皆様の寄附での実現を目指しています。
ふるさと納税を利用した寄付の方法

ふるさと納税と控除の説明

資料
浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクトの趣旨.pdf

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクト組織について.pdf


関連サイト
浦和高校ホームページ

facebook   浦和高校スポーツ環境等改善応援プロジェクト

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクト ホームページ

 

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクト

人工芝化に向けて >> 記事詳細

2024/04/05

浦高芝生化プロジェクト会議

Tweet ThisSend to Facebook | by:onozaki
2024年 3月2日 浦高芝生化プロジェクト会議が浦和高校にて開催されました。

現在の状況
1. 目標額 6,600 万円に到達:3 月 2 日現在で6,635万円と目標額を上回りました。
2. 実現に向けての3つの課題 
①県の見解では6,600万円では完成できないと言われており、県の設計額がいくらになるのか 。
②県から必要額が提示され、それを同窓生等に依頼することになった場合、ふるさと納税制度が継続して活用できるか 。
③人工芝については 10 年程度での張替えなど定期的なメンテナンスが必要であり、地域へのグラウンド開放も含めて、メンテナンスのルールを決める必要がある。


14:27 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)

キャビネット

 フォルダ
名前
作成日