同窓生のイベント・出版

\ >> 記事詳細

2018/01/22

成川美術館「戦後日本画の山脈」に内藤五琅氏(高19)の作品が展示

| by:admin


 箱根成川美術館の特別展 「戦後日本画の山脈」に内藤五琅氏(高19)の
作品が展示されています。
 お出かけの際には是非お立ち寄りください。
 <以下 成川美術館HPより>

 成川美術館は2018年4月に開館30周年を迎えます。
日本の伝統文化を今に伝える日本画の素晴らしさを国内外に広めるため、これまで様々な展覧会を開催してきました。
 現代日本画を総覧する今回の記念展では、当館収蔵作品のなかから、数々の代表作をご紹介します。

第1室 現役作家の代表作

 戦後の日本画は、戦前の日本画壇が築きあげてきた伝統的な歴史画や花鳥風月から決別し、それまでの日本画にはなかった新時代の感情表現を試みる作家が現れはじめます。
 個人の孤独や追憶など私的ロマンが込められた作品は、戦後世代の「個」に徹する意思の強さの表れでもあります。
田渕俊夫、福井爽人、牧進、平松礼二、岡信孝、平岩洋彦、松本勝、内藤五琅、黒光茂明、米谷清和、松下宣廉。


09:21