現在公開されているキャビネットはありません。

 

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクト

校長挨拶


埼玉県立浦和高等学校第 31 代校長 水石 明彦

校庭の硬い⼟では、転倒の際の擦り傷・切り傷はおろか、脳震とう・⾻折・脱⾅の⼼配が常に付きまといます。⽣徒達には怪我の⼼配なく全⼒でスポーツを楽しんで欲しいものです。 ⼈⼯芝は、怪我防⽌のほか、近隣への砂塵被害の防⽌など、数々のメリットがあります。 現在、地域のサッカー少年たちに校庭を開放していますが、彼らにもより安全で楽しい環境を提供することができます。今以上に⼦供たちや⼤⼈の皆さんに集まっていただき、地域スポーツの拠点として浦和⾼校が貢献できれば⼤変すばらしいことです。 ぜひ、埼⽟県⽴⾼校初の⼈⼯芝グラウンドの実現に皆様のお⼒をお貸しください。

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクトの趣旨

2019年、浦和高校がグラウンドの人工芝化による部活動活性化プランを作成し、埼玉県教育環境整備基金に申請をされました。

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクトは、この主旨に賛同し、プランの実現を応援するために、卒業生有志が任意に立ち上げた組織です。

学校と話し合いを重ね、また、同窓会にも相談をしながら、活動を展開しています。

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクトを発足し、以下のことに取組みます。

 (1)整備のための財源確保のための支援

 (2)プロジェクトの主旨、効果に関する啓発

 (3)浦高スポーツ環境等整備プランの作成

 プロジェクト連絡先: urako.bukatsu.ouen@gmail.com
     


浦高グラウンドの人工芝化は、全額皆様の寄附での実現を目指しています。
寄付方法等についてはこちらをご覧ください。

詳細資料
浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクトの趣旨.pdf

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクト組織について.pdf


関連サイト
浦和高校ホームページ

facebook   浦和高校スポーツ環境等改善応援プロジェクト

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクト ホームページ

 

浦高スポーツ環境等整備応援プロジェクト

人工芝化に向けて >> 記事詳細

2021/07/05

人工芝化に向けて同窓生の皆さまへ

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
2019年秋から浦高の上グランドを人工芝化するプロジェクトが始動しております。
全天候型のグランドに変えることで強化につながるだけでなく、今の人工芝はクッション性に優れるため生徒さん達の怪我防止にも効果があります。近隣の方々への砂塵対策としても期待できます。
このプロジェクトは、埼玉県の教育環境整備基金制度を利用して資金を募集しております。ふるさと納税と同様の制度なので、実質的にはわずかな負担額で済み税金対策にもなります。目標額は6600万円です。
多くの皆さまからご理解ご協力を頂戴し、上グラが一日も早く人工芝に生まれ変わることを願っております。

ふるさと納税方法マニュアル.pdf
11:12 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)

キャビネット

 フォルダ
名前
作成日