日誌

 >> 記事詳細

2015/10/21

「浦高百年の森」10周年記念活動報告及び次回のお知らせ

| by:admin
10月11日(日)午前10時から寄居町風布の「浦高百年の森」において「10周年記念活動」が行われ、OBや生徒など96名が参加しました。
【記念活動スケジュール】
1.開会 藤野事務局長
2.校歌斉唱 〔吹奏楽部演奏 指揮は奈良先生〕
3.あいさつ 〔川野会長、杉山校長〕
4.功労者表彰(感謝状の贈呈)
◇ 地元協力会会長の坂本全平氏
◇ 土地所有者の宮下幸子氏
◇ 管理受託者の埼玉県農林公社
◇ 百年の森運営委員会元副委員長の綿貫 均氏
 (毎回、美味しい豚汁やキノコ汁などを作っていただきました。)
◇ 百年の森運営委員会前委員長の小室正人氏
5.全員で記念写真撮影
6.記念植樹 〔ヤマツツジ100本〕
7.記念演奏会 〔オペラ歌手・富田千種さん(高19)、浦高吹奏楽部〕 
8.記念会食会 〔浦和一女麗風会も一緒に、バーベキューとキノコ汁を楽しむ〕

川野会長から「近年の災害を見ていると、自然を掌る神様が腹を立てているのではないかと感じます。そうした神の心を鎮めるためにも私たちの森づくりが大切であると思います。また、藻谷浩介さん達が『里山資本主義』を提唱され、環境課題を解決するためには木のエネルギーが大切であり、里山をしっかり守り人々の心のふれあいを楽しもうと言われています。そうした意味でも、浦高百年の森づくりは、先駆的な活動であると自負するところです。10年を節目にさらに良い方向にしてまいりたいと思いますので、皆様のご協力をお願いいたします。」と、また杉山校長からは「中国の管仲の言葉に『一年の計は穀物を植えるに及ぶものはなく、十年の計は木を植えるに及ぶものはなく、終身の計は人を植えるに及ぶものはない』というものがありますが、まさに10年の計は木を植えることであり、100年の計は人を育てるという浦高百年の森の理念に通じるものだと確信いたします。この活動が末永く続くことをお祈り申し上げます。」とのご挨拶がありました。

     
      左から、会長あいさつ、校長あいさつ、感謝状贈呈者記念写真
  

      左から、全員の記念写真、道路沿いに記念植樹、表情豊かに歌う富田千種氏
  

    左から、吹奏楽部の演奏風景2枚、楽しい昼食の風景

浦高集合時は雨、バス出発時も雨、現地到着時も小雨が残っていましたが、校歌斉唱、感謝状贈呈と進み、記念撮影の頃にはほとんど雨も上がり、記念演奏会・記念会食会の頃には日も差してきました。バーベキューとキノコ汁をたらふくいただいた後、7月の間伐材で作られた10周年記念のマグネットが配られました。

  【次回体験活動のお知らせ】

1 日 時:11月29日(日) 
      10時現地集合、14時解散予定
2 活動内容
  例年通り、間伐作業と昼食後のみかん狩りを予定しています。
3 持参物:弁当、飲物、雨具
  (今回はキノコ汁は予定していません)
4 服 装:帽子、ハチがいるので長袖(黒はダメ)、靴。
5 参加方法(時間) 浦高発の同窓生のバス代は2,000円です。
  ①車などで現地集合  10:00集合 
  ②浦高発のバス     7:30出発
  ③寄居駅北口発のバス    9:30出発
  ※ バスは出発予定時刻に発車します。早めにご集合ください。
6 参加申込:11月20日(金)までに郵便、FAX、E-mailで「4 参加方法」の別を必ず記入して下さい。
  ①車などで現地集合 ②浦高からバス ③寄居からバス
---------------------------------------------------------------------------------------
                      郵便番号 〒330-9330
                              住 所   さいたま市浦和区領家5-3-3麗和会館内 事務局
                               Tel & Fax  048-886-0805    E-mail urako-ob@u.email.ne.jp
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


15:58